カンブリア宮殿

高岡浩三(ネスレ社長)の経歴や学歴は?家族や名言をwiki風に紹介

f:id:sinberu:20170925181927p:plain

高岡浩三さんといえば、世界最大の食品飲料会社「ネスレ」の社長として有名ですね。

世界最大ということで日本を代表する経営者の一人ともいえる人物ですが、ビジネスを大成功させるカギが気になるところですね。

そこで、この記事では高岡浩三さんについて、

高岡浩三のプロフィール

高岡浩三の経歴は?

名言を紹介!

の話題をご紹介します。

 

スポンサードリンク
 

 

高岡浩三さんのプロフィール

f:id:sinberu:20170925181959p:plain

参照元:https://www.advertimes.com/20141002/article171594/

名前:高岡 浩三(たかおか こうぞう)

生年月日:1960年3月30日

出身地:大阪府松原市

大阪府立生野高等学校を卒業後、神戸大学経営学部にて経営学を学んだ高岡浩三さん。

 

乳幼児栄養食品事業プロジェクトリーダー、ココア・ミルク&ニュートリションビジネスユニットマネジャー、子会社の製菓会社ネスレコンフェクショナリープロジェクトディレクター、同社マーケティング本部長、同社社長、ネスレ日本副社長飲料事業本部長などを経て、ネスレ日本社長兼CEOに就任しました。

2014年より、マーケティングの神様『フィリップ・コトラー』が中心となったワールド・マーケティング・サミットにて、日本のカウンシル代表を務めるなど、経営者として実力のある人物としてとても有名ですね。

ネスレといえば、キットカットやネスカフェなど、誰でも一度は食べたり飲んだりしたことはあるであろう食品飲料の会社です。

口にしたことがなくても、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

その「キットカット」が、九州方言の「きっと勝っとぉ」という言葉に似ているため、受験生の親に人気があることがきっかけで始まった受験生応援キャンペーン。

今でこそ受験シーズンの定番ともいえるこのキャンペーンも、高岡浩三さんの努力から生まれたもののようです。

 

受験生が宿泊するホテルにキットカットを無料で配って貰ったり、JR東日本に受験生を応援するポスターで車両を埋め尽くしてもらったり・・・。

そのような陰の働きで、高岡浩三さんは「キットカット・ブレイク」を「受験生のストレスからの解放」というコンセプトに結び付け、受験シーズンの売り上げを飛躍的に伸ばすことに成功したのです。

「常に本質を深く考える。それがビジネスに生きる」という考え方を基にビジネスを成功させてきた高岡浩三さん。

大成功の秘訣は「常に考えながら行動すること」だったのですね。

高岡浩三の経歴は?

f:id:sinberu:20170925182024p:plain

参照元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Interview/20130528/480226/?rt=nocnt

そんな高岡浩三さんのネスレ社長としての経歴はやはりすごいものです。

○1983年:神戸大学経営学部卒業。ネスレ日本株式会社に入社し営業本部東京支店配属。

○1999年:ネスレコンフェクショナリー株式会社プロジェクトディレクターに就任。

○2001年:ネスレコンフェクショナリー株式会社マーケティング本部長に就任。

○2005年:ネスレコンフェクショナリー株式会社代表取締役社長に就任。

○2010年1月1日:ネスレ日本株式会社代表取締役副社長飲料事業本部長に就任。

○2011年11月1日:ネスレ日本株式会社代表取締役社長兼CEOに就任。

○2012年:ベストドレッサー賞(政治・経済部門)受賞。

○2014年2月:37 OUTSTANDING MARKETERS NAMED INTERNATIONALISTSに選出。

○2014年5月:「ネスカフェアンバサダー」が日本マーケティング大賞を受賞。

これだけ見ても、様々な功績を残してきたというのが分かりますよね。

これほどの経歴を残してきた高岡浩三社長だけに、やはり年収が気になってしまいますよね・・・?

しかし、気になる年収ですが残念ながら公表されていないようですね。

社長ということもあれば相当な金額であることは確かだと思いますが、ネスレは「世界最大の食品飲料会社」ということもあり、相当な額であることが予想されます。

ネスレの一般的な年収は、30歳で550~600万円程度、管理職で1000万円程度、と言われています。

一般的な年収を見てみるとあまりもらっていないようにも思えますが、高岡浩三社長いわく「退職後の年金制度が日本企業以上に充実している」とのことですので、ネスレは金銭面においても良い企業であると言えると思います。

ネスレの社長ともあれば、想像もできないような額の年収をもらっているかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
 

 

名言を紹介!

f:id:sinberu:20170925182108p:plain

参照元:https://dentsu-ho.com/articles/1213

ネスレ日本の社長として努力を惜しまない高岡浩三社長は、これまでに数々の名言を残してきました。

今回はそんな数々の名言をいくつかご紹介したいと思います、

「本当に必要とされているのは『顧客が認識していない問題』を発見すること。それを解決することで生まれる成果が『イノベーション』。」

「顧客の問題を発見することからマーケティングは始まる。」

「『顧客が認識している問題解決』から、『顧客が認識していない問題解決』へと、『問題』の定義そのものを早急に切り替えなくては、日本企業が世界で勝ち残るのは難しい。」

「イノベーションを生むには、それを見極める目を持ったリーダーの育成が必要。」

「当たり前の事実を疑い、考え抜くことで、物事の本質が見えてくる。すると、常識や既成概念が、いかにおかしなものであるかにも気づく。」

「相手の『心の問題まで考える』ことは、これからのビジネスに欠かせない。」

・・・いかがでしょうか。

こうして名言を見てみるだけで、高岡浩三という人物の人柄が分かるようですよね。

「常に本質を深く考える。それがビジネスに生きる」と言っているだけあり、名言はどれもビジネスを考えるようなものばかり。

この名言たちが、高岡浩三社長を表していると言ってもいいのかもしれません。

経営者として完璧で説得力のある言葉ばかりですので、経営者を目指している方の参考になるのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、高岡浩三社長の

高岡浩三のプロフィール

高岡浩三経歴は?

名言を紹介!

についての話題をご紹介しました。

高岡浩三さんについて探ってみると、さすが世界最大の食品飲料メーカー社長というだけあり、本当に経営者に向いている人物なのだと感じました。

経営者としてただ何となく仕事をしているわけではなく、しっかりと常に先を考えて行動するというのも成功の秘訣でしょう。

まさに、「経営者の鏡」ですね。

 

スポンサードリンク
 

関連記事

  1. 澤田道隆(花王社長)の学歴や経歴は?主力商品やプロフィールを紹介…
  2. 御手洗瑞子の経歴や大学は?年収やプロフィールを紹介!
  3. 高田賢三(KENZO)は破産していた?現在は?結婚や年収を紹介
  4. 山木利満(小田急電鉄会長)の経歴や年収は?家族や結婚について紹介…
  5. 千葉祐士の経歴やプロフィール!門崎熟成肉って?格之進はどんな店?…
  6. 宮治勇輔(みやじ豚社長)の経歴やWiki風プロフは?購入方法は?…
  7. 播野勤(タマノイ酢社長)の年収や経歴は?黒酢ダイエットの誕生秘話…
  8. 東田勇一(東田ドライ社長)の年収やWikiプロフ!結婚や家族を紹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP