ライフスタイル

二日酔い対策に寝る前にやるべき事は?食べ物ではカレーが最適?

 

f:id:sinberu:20170208195207p:plain

パーティやデート、仲間内のコンパ、時には仕事の打ち合わせにも

お酒はつきものですね。

 

「私、お酒はダメなんです」と言うと

ちょっと周りが白けてしまうかなと心配して

飲めないのに無理してしまったり

お酒大好きということでついつい飲み過ぎてしまったり

 

今は天国、明日地獄みたいなことが心をよぎり

翌日の二日酔いを心配して

飲む速度も遅くなったり

心から楽しめなくなりませんか。

 

そこで、二日酔い対策のために

寝る前にやっておくことや

酔いを防ぐ食べ物などを紹介してみます。

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

 

寝る前にやるべき事とは?

 

 

二日酔いというのは文字通り

次の日にもまだ酔っぱらった状態

つまり体内にアルコールが残った状態の事ですね。

 

f:id:sinberu:20170208195316p:plain

http://www.bajiroo.com/wp-content/

 

症状としては吐き気、頭痛、倦怠感、

ひどくなると脱水症や低血糖症状も併発します。

 

アルコール分を分解するのは肝臓、

従って、あなたが楽しく飲んでいる時に

あなたの肝臓は「えー!まだ飲むの?」と文句言いながら

せっせとアルコールを分解しているわけです。

 

自分の身体にも優しくしようと思えば、

適当なところでアルコールの供給を止めて

肝臓さんの仕事をしやすくしてあげるのが一番

 

でも、アルコールは一種のドラッグ作用ですから

飲むほどに酔うほどに

もっともっとと欲しくなるものなんですね。

 

そこで、肝臓の働きを助けるには

まず睡眠をゆっくりとること

 

楽しくても午前様はさけて

少なくても7時間ぐらいは寝られるようにしたいですね。

 

次に寝る前に、コップ1杯か2杯の水分を取ること。

さらにスポーツドリンクの常温のものを飲んで

体にナトリウムイオンを補給するのもいいでしょう。

 

つまり脱水症状を緩和させます。

 

肝臓のアルコール分解にも大量の水は必要になります。

 

頭痛薬とか胃薬を飲むのは控えましょう。

肝臓に要らない負担をかけるし、

逆に効きすぎて副作用を招きます。

 

あっ、もう一つ大切なことは

もし寝る前に吐き気がある場合は

思い切って吐いてから寝ましょう。

 

よく吐しゃ物が器官につまった、という話

聞きますよね。

 

気を付けてください。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

カレーは二日酔い対策に最高?

 

寝る前だけでなく、飲む前にも気を付けたいこと

飲んでいる最中にも注意した方がいいことは

食べ合わせです。

 

まず、飲む前に空腹と言うのはご法度です。

空腹だとアルコールの回りが早く

血液中のアルコール濃度も上がり易く

肝臓にもっとも負担をかけるケースです。

 

f:id:sinberu:20170208195433p:plain

http://www.mit-japan.com/ndl/wp-content/

 

それで、お勧めなのがカレーなんですね。

 

カレー成分の中に含まれるターメリック

つまり黄色い成分、ウコンですね。

これが肝機能の働きを助けるのです。

 

このターメリック、24時間ぐらいは体内に残ります。

ですから、今日は飲み会だという日は

お昼にでもカレーを食べておいてください。

 

ターメリック成分はマスタードにも含まれているので、

お酒と一緒にからしの効いた食べ物もいいですね。

 

お酒飲みながら小腹がすいたら

カレーとかカレースープもいいかも。

 

 

まとめ

 

あなたも、あなたの肝臓も楽しめる

お酒のマナー、ちょっと試してみてください。

 

スポンサードリンク
 

関連記事

  1. アイスとかき氷は気温で売れ方が違う?賞味期限が無い理由とは??
  2. 時差ボケは食事で解消?帰国後や旅行先での解消方法を紹介!
  3. 熱中症対策に最適な食事は?寒気や鳥肌が出たら危険!対処法は?
  4. ラーメンのスープを全部飲むと塩分摂取量はどの位?残すのはマナー違…
  5. 月曜日が憂鬱になるのは理由がある!解消方法や対策を紹介
  6. 志麻さん(家政婦)の家事代行の料金や依頼方法は?経歴や腕前を紹介…
  7. ワインの種類と特徴をわかりやすく解説!氷を入れた飲み方も有り!?…
  8. 足の爪は手と同じ切り方では危険?手の爪のきれいな切り方とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP