ライフスタイル

ブルーライトの子供への影響は?睡眠の妨げになる?

 

f:id:sinberu:20170202182711p:plain

ブルーライトという言葉を知っていますでしょうか?

日本語に直訳すると「青色の光」となりますが、この直訳したとおりの意味となります。

私たちの生活において、光は欠かすことができないもので、紫外線、可視光線、赤外線などの種類があります。

ブルーライトは、可視光線の中の1つで、紫外線に次いで波長が短く、強いエネルギー持っているという性質があり、太陽光や蛍光灯、そして最近急速に普及しているLEDライトなどから発せられています。

この記事では、

ブルーライトの目への影響は??

 

子供への影響は??

について、ご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク
 

ブルーライトの目への影響は??

f:id:sinberu:20170202182747p:plain

参照元:https://www.keisokuten.jp/static/sp_br.html

ブルーライトは波長が短く、光が散乱してしまうため、パソコンやスマートフォンの画面がぶれたり、ちらついたりしてしまいます。

そのため、目はピントを合わせようとすることから、大きな負担となり、目の疲れ、眼精疲労が起こり、視力の低下を招くことになります。

また、ブルーライトの目への影響として考えられるのは、目の病気になることです。

ブルーライトは紫外線に次いで強いエネルギーを持っていることから、ブルーライトの網膜や黄斑部への強い刺激により、ダメージを与えて、網膜疾患や加齢黄斑変性症などを発症させてしまいます。

 

スポンサードリンク
 

 

子供への影響は??

f:id:sinberu:20170202182838p:plain

参照元:http://maternity-march.jp/bluelight-kodomo47986/

ブルーライトの子供への影響として考えられるのは、睡眠です。

ブルーライトの睡眠の影響については、子供だけでなく、大人にも言えることです。

もともと私たち人間は、かつて日の出とともに起き、日の入りとともに寝るというリズムで生活していました。

この時にブルーライトは大きな役割を果たします。

それは、私たちの目がブルーライトを認識すると、睡眠を促す作用があるメラトニンが抑制されるため、朝目覚めた時にブルーライトが含まれる太陽光を浴びることによって、体内時計がリセットされて、体と脳が活性化されるのです。

逆に夜にテレビやパソコン、スマートフォンなどを見て、ブルーライトを浴びてしまうと、朝と同じく睡眠を促す作用があるメラトニンが抑制されるため、本来睡眠を取らなければならないはずなのに、目が覚めてしまうため、体内リズムに狂いが生じ、不眠症などを引き起こすことになってしまいます。

子供の場合、成長期にあるので、睡眠が取れないということは、深刻な問題です。

また、子供はテレビを観るし、パソコンもスマートフォンも使いすぎっていうくらい、熱中してしまいますよね。

こうなると子供はブルーライトの影響により目の疲れや視力の低下を招きます。

子供は、目への刺激を受けやすいため、ブルーライトの影響も受けやすいので、大人が対策をしてあげなくてはなりません。

ブルーライト対策としては、ブルーライトカットレンズを備えたメガネの着用や、液晶モニタ用フィルムを液晶テレビ、パソコン、スマートフォンなどに貼ることです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、

ブルーライトの目への影響は??

 

子供への影響は??

について、ご紹介してきました。

現在私たちの生活において、ブルーライトは欠かせないものであり、悪影響もあることから、ブルーライト対策をしつつ、上手につきあっていってほしいです。

 

スポンサードリンク
 

関連記事

  1. スメハラは職場での柔軟剤や香水も対象?対策は?
  2. 麦茶はミネラル豊富?効能は?パックの正しい保存方法は?
  3. ヨーグルトと飲むヨーグルトは効果の違いは? 意外にカロリーが高い…
  4. コーヒーの飲み過ぎるとどうなる?カフェインの効果は?
  5. 月曜日が憂鬱になるのは理由がある!解消方法や対策を紹介
  6. 肌には半身浴と全身浴どっちがいいの?半身浴の効果的な時間はどの位…
  7. 血液型と性格は関係ない?都道府県で血液型の割合が違う?
  8. 硬水と軟水の違いは?肌の美容効果に適しているのは?メリットやデメ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP