ブラーニー城(アイルランド)のwiki情報と行き方!世界一不衛生と言われる意外な理由とは?

世界一不衛生な観光スポットと聞いて一体どれだけ汚いでしょうか?

それとも、なにか病原菌が繁殖しているのでしょうか?

それなのに雄弁になれる?

気になりますよね。

今回の記事ではブラーニー城の

 

ブラーニー城ってどんな城!?

 

ブラーニー城が世界一不衛生な理由とは?

 

について調べてみました。

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク
 

 

ブラーニー城ってどんな城!?

 

f:id:sinberu:20161125164311p:plain

参照元:http://smileinuk.exblog.jp/22302429/

ブラーニー城は、アイルランド南部、コーク州の村ブラーニーにある城です。

15世紀半ばに、マンスター王コーマック=マッカーシーにより要塞として建造され、

以降、領主マッカーシー家により増改築がなされた。

頂上の城壁にブラーニーストーンという石があり、この石にキスすると雄弁になれるという言い伝えがあることで知られる。

 

石にキスすると雄弁になれる!?

f:id:sinberu:20161125164438p:plain

参照元:https://matome.naver.jp/odai/2144685833985662201

城壁の上部にあるブラーニーストーンという石にキスをすると雄弁になれるという伝説が有名です。

なぜ、こんなにも伝説になったのかというと、当時の権力者、エリザベス女王1世よりブラーニー城を明け渡すように迫られたそうです。

そこで、城主のコーマック・マッカーシーがエリザベス女王を感銘させるような、堂々たる弁舌やお世辞でやんわりとかわし、降伏ではなく女王に忠誠を誓い、城を明け渡す事なく自治を守ったことが伝説の始まりのようです。

つまり弁だけで相手を納得させ自分の自治を守った事が当時では珍しく、いまでも語り継がれているそうです。

 

 

ブラーニー城が世界一不衛生な理由とは?

 

城壁の上部にある「ブラーニーストーンという石にキスをすると雄弁になれる」という伝説で有名になったブラーニー城。

今では、なんと約40万人の観光客がくるそうで、そのほとんどが石にキスをしていくそうです。

そのことから、「世界の不衛生な観光スポットランキング」で見事に一位になってしまったそうです。

確かに、100年以上昔の石に、年間40万人近くの人がキスをしていたら、どれだけの細菌がついているか想像像するとゾッとしますね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ブラーニー城への行き方

ブラーニー城へはアイルランド第二の都市コークからバスで行く方法が定番です。

約20分程でブラーニー城へいく事が出来ます。

ただ、ヨーロッパですので、日本とは温度差がありますので、暖かい恰好をお勧めします。

真夏でも、湿度が無く、スッキリしているので、長袖のシャツでも十分ちょうどいいです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、

ブラーニー城ってどんな城!?

 

ブラーニー城が世界一不衛生な理由とは?

についてまとめてみました。

世界一不衛生なお城の理由には、面白いエピソードが隠れていましたね。

もし機会がありましたら、行ってみたいですね。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク