スタバのサイズの読み方は何語?砂糖危険レベルの商品は?

 

f:id:sinberu:20170120170953p:plain

スターバックスが正式名称ですが、

略してスタバ。

モール街や都会の街角、ホテルや本屋さんの一階にも

スタバのコーヒー店、よく見かけますね。

発祥はアメリカ、ワシントン州のシアトル。

海辺にパイク・マーケットという観光名所があるのですが、

そのパイク・ストリートに第一号店がオープンしたのが

1971年の事です。

それから50年弱で、今や世界中に広まりましたね。

さて、そのスタバ、オーダーするときにちょっと戸惑うのが

ドリンクのサイズなんです。

コンビニやマクドナルドなどと違うサイズの名称があるのです。

さらにさらに、今年に入って

スタバのあるドリンクに砂糖多過ぎ、という警告が出たんですよ。

今回はそうしたスタバのあれこれについて

お話ししてみましょう。

 

スポンサードリンク
 

 

サイズは何語なの??

f:id:sinberu:20170120171055p:plain

http://amd.c.yimg.jp/

マクドナルドやコンビニでコーヒー頼むとき

 

「S(スモール)ですか?M(ミディアム)ですか?それともL(ラージ)ですか?」と聞かれますね。

ところが、スタバでメニューボード眺めても、S,M,Lという表示はないんです。

まず一番小さいサイズが、やはりSなのですが、これはスモール(small)じゃなく英語のショート(short)、低い、短いという意味のS。

 

その次に大きいサイズがT(トール)これも英語でTall、背が高いという意味ですね。

 

さらに大きいサイズがグランデ。Grande、これは大きいという意味のイタリア語。

 

そしてエクストラ・ラージとでもいうサイズがベンティ(Venti)、これもイタリア語で20という意味です。

 

日本のスタバではここまでですが、

アメリカではさらにでっかいサイズがありTrenta(トレンテ)、イタリア語で30。つまり30オンスというサイズです。

 

さて、普通のS,M,Lと比べてスタバのサイズ量はどうなんでしょうか?

Sのショートは240ml,

ドトールのSスモールが150mlぐらいというから

かなりお得ですね。

 

トールは350ml(ドトールのMは約200ml),

グランデは470ml(ドトールのLは270mlほど)。

つまりすべてにおいて、アメリカ的というか大きめなのです。

体も何もかもが「大きいことはいいことだ」式のアメリカ、

さすがにスタバもその<伝統>を守っているようです。

 

スポンサードリンク
 

砂糖の量が危険レベル!?

f:id:sinberu:20170120171230p:plain

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

 

そのアメリカ人が大好きなのが糖分。

私がアメリカにいたとき、スーパーでケーキでも買おうものなら、

サイズは日本のケーキ一切れの優に2、3倍、

そしてその甘さたるや、もう半端じゃありません。

 

f:id:sinberu:20170120171327p:plain

http://www.hellomag.jp/starbucks_coffee/

そんなケーキをムシャムシャ食べているアメリカ人ですから、、、

スタバのドリンクが甘すぎというのも何となく肯けます。

2016年、イギリスの非営利団体AOS(Action on sugar)が

英国内の131のコーヒーチェーン店とファーストフード店を調査した結果

スタバのホットドリンク(ホットチャイ)の糖分が

人体に「危険なレベル」に達している、という警告を発しました。

ベンティサイズのホットドリンクに入っていた砂糖の量は99グラム、

何と小さじで25杯分というものすごさです。

 

ちなみにスタバ側は、この調査結果を受けて2020年を目途に加糖ドリンクを25%削減するということ。

砂糖の弊害については血糖値が上がり、糖尿病や成人病になりやすいなどいろいろありますが、

もっとも怖いと思うのは、糖分は脳の快楽ホルモンと言われるドーパミンを出させる働きがある、ということ。

言ってみればドラッグと同じで、糖分なしではいられない体になってしまう、

という依存性が大きいのです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、スターバックスの

サイズは何語なの??

砂糖の量が危険レベル?

についてまとめてみました。

サイズも甘さもグランデなスタバのドリンク

でもオーダーするのはあなたです。

心して健康で美味しいコーヒーを楽しん下さい。

スポンサードリンク