飯田結太(飯田屋)は凄腕社長で年収がヤバい?お勧めのフライパンは?

飯田結太さんは、東京・かっぱ端の老舗料理道具専門店「飯田屋」の6代目として活躍されていますね。

 

この記事では飯田結太さんについて

 

飯田結太の経歴

 

年収はどの位?

 

おススメのフライパンは?(TPO3位までの紹介でOKです)

 

の話題をご紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

飯田結太の経歴

 

参照元:https://www.rinen-mg.co.jp/web-rinentokeiei/entry-4808.html

 

飯田結太さんは1984917日生まれの現在37歳になります。まだ若い飯田結太さんですが現在は、東京の浅草「かっぱ橋道具街」にある老舗料理道具専門店「飯田屋」の6代目代表取締役社長を務められています。

 

飯田結太さんは明治大学商業学部商業科に在学中、ホームページの製作会社を起業されています。しかし、「飯田屋」5代目代表取締役社長として働いていた母親の頃に、リーマンショックの影響で不況の煽りを受けたことで、「飯田屋」は売り上げが落ち込み、社員が大量辞職する状況になっています。

 

その後、飯田結太さんは母親の助けになりたいと社会人3年目に、制作会社を友人に譲り「飯田屋」に入社されています。そして、飯田結太さんは自分で使ってオススメできる品を紹介し、お客さんに喜んでもらうための経営方針に変更されて9年間で「飯田屋」の売り上げを2億円もアップさせています。

 

また、飯田結太さんは家庭も持たれていて現在は、3人の子供の父親でもあると言われています。

 

 

 

 

 

年収はどの位

 

引用元:https://az-news.yojipapa.com/kitchen-goods-12571

 

飯田結太さんは現在までにテレビ番組に出演されて色々な料理道具を披露されています。また、飯田結太さんは2018年に「第16回 勇気ある経営者大賞」の優秀賞を受賞されているためにやり手経営者とも思われています。

 

飯田結太さんが代表取締役社長を務められている「飯田屋」は飯田結太さんが継いでから9年間で2億円も売り上げがアップしているということは聞かれているので、飯田結太さんの年収が気になります。

 

しかし、飯田結太さんの年収に関してはハッキリとしてことはわからない状態です。ただ、飯田結太さんの年収に関しては1000万円を超えるくらいになるのではないか?とも聞かれていますね。

 

ただ、テレビ番組に出演されている姿も増えているために、年収に関してはかなりあるように思えるので、年収は噂で聞かれている1000万円以上になっているようにも思われています。

 

 

 

 

おススメのフライパンは?

 

参照元:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO50136290U9A920C1000000/

 

飯田結太さんは調理道具を知り尽くしていると言われていて、テレビ番組ではフライパンの素材や淳美、加工によって熱の伝わり方が変わるなどの話をされています。

 

飯田結太さんは自身が作ったオリジナルのフライパンも「飯田屋」では販売されていると言われていますが、フライパンだけで200種類以上あると言われていて、そのうち「マツコの知らない世界」で紹介されているフライパンは3つあります。

 

1つ目は「EVER GRILL」という焼くことに関して極めたお店オリジナル商品です。開発に3年かけて、一生使えることを目指したフライパンを作り、こびりつきにくくじっくりと熱が伝わるフライパンに仕上げています。

 

2つ目は柳宗理「ダブルファイバー窒化加工」のフライパンになります。このフライパンは生の鉄に特殊な焼き付けをすることで錆びにくくなる特殊加工をされていて、火力が必要な料理で思う存分使えるフライパンでプロの料理人も納得の品と言われています。

 

3つ目はイタリア製の蜂の巣フライパン「PIXEL」になります。蜂の巣状にデザインされている銀色の部分をステンレスにすることで傷つきにくくされています。また、3層構造なので十分な厚みがあるためにステーキなどの料理にも使えると言われています。

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では飯田結太さんの

 

飯田結太の経歴

 

年収はどの位?

 

おススメのフライパンは?

 

についての話題をご紹介しました。

 

飯田結太さんは社長として以外にも多く商品をお客様におススメされて、道具の良さを自身でも伝えられているために、今後もどのような料理道具を進めてくれるのか気になりますので、見ていきたいと思います。

スポンサードリンク