塚本康浩(教授)はダチョウマスクの考案者?経歴やwiki風プロフを紹介

塚本康浩さんは京都府立大学、生命環境科学研究科の教授ですが、ダチョウの研究を25年続けられていることで知られています。

 

この記事では塚本康浩さんについて

 

塚本康浩のプロフィール

 

結婚はしているの?

 

ダチョウマスクの考案者?

 

の話題をご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

塚本康浩のプロフィール

 

参照元:https://biz-journal.jp/2020/02/post_142086.html

 

塚本康浩さんは1968年京都府で生まれている。そして、1994年に大阪府立大学農学部獣医学科を卒業されてからは、大阪府立大学大学院農学部生命科学学科博士課程医学専攻を修了されて、獣医学博士となっています。

 

そして、大阪府立大学同研究科の助手に就任されてからは、ダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」のダチョウ主治医にも就任され、ダチョウとダチョウの抗体の研究を本格的に始められています。

 

その後、20204月からは京都府立大学学長に就任されていますが、以前と変わらずにダチョウ抗体を利用した研究を続けられています。

 

さらに、2008年には京都府立大学発のベンチャー「オーストリッチファーマ株式会社」を設立されて、ダチョウの卵から抽出した抗体を用いて新型インフルエンザ予防のためにマスクを開発されていることで注目を集められるようにもなっています。

 

 

 

 

 

結婚はしているの?

 

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/eac1675d95e86df82516a23c4a238dd1880c6544

 

塚本康浩さんはダチョウの抗体を続けられていて、25年間ダチョウと暮らしている!とも言われている方なので、塚本康浩さんの私生活が気になる人が多いようです。

 

しかし、塚本康浩さんの私生活は、結婚されていて子供もいるのか?などということはこれまでによく聞かれているようですが、結婚などの情報は出てきていないようなので、わからないんです!

 

ただ、塚本康浩さんの年齢は50代のようなので、結婚して子供がいてと家庭があってもおかしくない!と思われているようです。

 

また、塚本康浩さんはダチョウの研究をされてこれまでに新型インフルエンザ流行時にウイルスを体内から除去する抗体の開発に成功されるだけではなく、ニキビの治療薬や薄毛の治療薬などの開発もされていると言われているために、凄い人なので結婚できる条件を満たしているとも思えます。

 

そのために、塚本康浩さんの家族の情報が注目されているようですが、もともと塚本康浩さんは一般人の為に多くの情報が出回っていないようです。

 

 

 

 

 

ダチョウマスクの考案者?

 

参照元:http://blog.livedoor.jp/iikoushi/archives/65260698.html

 

塚本康浩さんは現在、新型コロナウイルスの影響でマスク不足となったために、ダチョウ抗体マスクが着目されたことで、ダチョウ抗体マスクの考案者と言われています。

 

塚本康浩さんは、ダチョウ抗体マスクの考案として、ダチョウ抗体フィルターに、花粉、季節性インフルエンザ、新型インフルエンザ、鳥インフルエンザなどを瞬時に結合してカットできるように開発されたようです。

 

さらに、塚本康浩さんは最近では、ダチョウの卵を使って新型コロナウイルスの抗体をつくることにも成功されたことで、メディアなどでも取り上げられており、とても注目されています。

 

そのために、ダチョウ抗体マスクの購入方法なども注目されていますが、一般的なマスクと比べると、機能性が一般的なマスクよりもいいために、値段も高い状態です。けれども、新型コロナウイルスの影響で以前よりも使ってみたい!と思える人は増えていると思えます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では塚本康浩さんの

 

塚本康浩のプロフィール

 

結婚はしているの?

 

ダチョウマスクの考案者?

 

についての話題をご紹介しました。

 

塚本康浩さんは、ダチョウ抗体の研究をされて、私たちの生活における様々な物を考案されているように思えますが、新型コロナウイルスの影響が大きくなったことで、より注目を集められているので、今後の研究が気になります。

スポンサードリンク