水素水は健康や美容への効果はなしってホント?ウソなの?

f:id:sinberu:20170228120418p:plain

さまざまな水がありますが

水素水というのをきいたことはありますでしょうか?

健康や美容に良さそうな感じがしますが

どのような効果や影響があるのか調べてみました!

 

スポンサードリンク
 

 

水素水って何?

f:id:sinberu:20170228120447p:plain

出典元:http://pic.prepics-cdn.com/8231585a812f4/58649508_480x480.jpeg

まず、水素水とはなんぞやというところから説明してきたいと思います(笑)

水素水とは、文字のとおり水素分子(水素ガス)を溶かした水のことを言います。

一般的な水より多くの水素を含んだもののことです。

水の中に水素がたくさん溶けたもので

例にあげると砂糖水や炭酸水、レモン水と同じものです。

水素は無味・無臭・無色で常温では気体の状態を保っていますが、

厚生労働省からも食品添加物として認可されているものです。

メーカーなどによって、

水素水に含まれている水素の含有量には違いがありますが、

通常の水より多くの水素を含んでいるものは全て水素水と言うことができます。

水素水の濃度を定める規定はないために

微量でも含まれていると水素水と呼ばれるようです。

機能水と分類されているように、

体の中に発生した活性酸素を還元消去し、

酸化のストレスを軽減させるために作られた水だそうです。

うーん、なんだか理科の授業みたいですね(笑)

上記にあるように、安心安全の物質であり

体をしっかりと作りあげていくには非常に重要な成分ということみたいです。

水素は高圧をかければ、いくらでも水中に溶存することができますが、

飲む段階での常気圧の状態では、

溶存水素濃度の限界値は1.57ppmということが科学的に証明されているようです。

限界値があるということですね!

 

スポンサードリンク
 

 

水素水の効果は何があるの??

f:id:sinberu:20170228120516p:plain

出典元:http://pic.prepics-cdn.com/funmon0217/28321837.jpeg

水素は人間の体を構成している元素の一つでもあり

必要な元素と言えますが、

それだけではありません!

さてなんでしょう?

 

そうです、身体の酸化を防ぐ力があるのです!

 

 

酸化?!という感じですが

 

水素水には活性酵素(具体的には老化の原因や体のさびの原因)

それらのパワーを弱くする力があるといわれています!

しかもそれは悪玉にだけ作用するようです。

かなり優秀ですね!!

 

昨今では「老化は身体の酸化が原因」という事が知られてきていますが、身体を老化させる酸化は活性酸素によって引き起こされます。

アンチエイジングでは活性酸素の働きを阻害することを目的としていますが、

水素には活性酸素を取り除く作用があるのです

水素水が体に良いと言われているのは、

この活性酸素を取り除く力があるためです。

 

体質の維持や改善したいと思っている人が利用しているようです。

 

毎日の飲み水を水素水に変えるだけなので取り組みやすく、続けやすいですね。

また、水素分子の作用により、20種類以上の疾患や症状に対する効果効能が

医学的な臨床試験により証明されているそうです。

 

ダイエットやデトックスなど様々の効能が挙げられている水素水ですが、

なかには嘘の情報もあるようです。

 

水素の含有濃度が高いと効果が上がるといわれていて、

実際には効果を得るには一定の水素含有量は必要と言われていますが、

含有量が多いほど水素の効果を得られるのかというのは

いまだに立証されてはいないので、憶測ということになります。

 

またアルミパウチは水素が抜けないというものですが、

ペットボトルに比べて水素が抜けにくいのは本当ですが、

水素は世界で最小の分子ですのでどうしても水素が抜けていってしまうのは仕方ありません。

 

保つのであれば水素を発生させ続けるしかないのです。

 

ですのでアルミパウチだから水素がそのままかというと製造されてから時間が経ってしまえば徐々に抜けていってしまいます。

しかし、水素に効果があることは立証されているので、改善したいことと合わせて飲用するのがいいのかもしれません。

 

伊藤園 水素水 410ml×24本

伊藤園 水素水 410ml×24本

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ひとことに水素水といっても

含有量はさまざまというのがわかりましたね!

体にいいからと摂取しすぎるのも

これまた逆効果になることもありますので

なんでもほどほどに・・・ですね!

スポンサードリンク