島津亜矢は歌が上手すぎて歌怪獣の異名?演歌が歌えないって本当?

島津亜矢さんはデビュー35周年になる演歌歌手として活躍されています。

 

この記事では島津亜矢さんについて

 

島津亜矢の経歴

 

歌怪獣の異名はホント?

 

演歌が歌えないとは?

 

の話題をご紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

島津亜矢の経歴

 

参照元:https://zaxtukiblog.com/record2019_shimaduaya/

 

島津亜矢さんは1971328日に熊本県で生まれていますが、14歳で故郷である熊本県を離れて作詞家の星野哲郎さんに弟子入りされていています。そして、1986年に「袴をはいた渡り鳥」で歌手としてデビューされています。

 

その後、坂本冬美さん、石上久美子さんと共に「はつらつ3人娘」としても活躍されています。また、島津亜矢さんが知名度を上げたのは「愛染かつらをもう一度」がヒットしたためで、以降は、NHK紅白歌合戦に参加されるなどして注目される歌手となっています。

 

さらに、2018年には、日本レコード大賞で宇多田ヒカルさんの「First Love」、NHK紅白歌合戦では中島みゆきさんの「時代」を歌唱されたことで反響を集め、多くの人に歌唱力の高さが認められネット上で話題となり、最近では、色々な歌手の歌を歌っている姿が見られて歌唱力の高さが話題となっています。

 

 

 

 

 

歌怪獣の異名はホント?

 

参照元:https://koisuru21.blog.fc2.com/blog-category-7.html

 

島津亜矢さんは女性演歌歌手として活動されているのですが、ヒット曲に恵まれずに苦節20年とも言われています。そんな島津亜矢さんですが、カバー曲での歌唱力が注目を集めたことで知名度を上げて現在では人気を集められています。

 

島津亜矢さんはカバー曲での圧倒的な歌唱力で多くの人を魅了されているために「歌怪獣」という異名も聞かれていていると言われています。カバー曲に関しては、演歌にとどまらずにポップスを中心にジャンルを問わない歌の表現を島津亜矢さんはできるためなんだとか・・・

 

また、島津亜矢さん自身が敬愛されている演歌界の大御所であった美空ひばりさんの名曲である「愛燦燦」のアレンジを披露された際には、多くの人が島津亜矢さんの歌声に魅了されたようで、島津亜矢さんという演歌歌手の存在を大きくされたとも言われています。

 

現在、島津亜矢さんは自曲でもカバー曲でもどちらでも自分を最大限、表現できる歌であるためにどちらの歌を歌うのでも大丈夫であるという貫禄を見せていることでも「歌怪獣」と言われているようです。

 

 

 

 

 

演歌が歌えないとは?

 

参照元:http://www.kaddy.jp/wordpress/2019/03/ishomoiine/

 

島津亜矢さんはデビューしてから演歌歌手として活動されていますが、2010年以降は演歌ではなくポップスや洋楽などのカバー曲を収録されたアルバムをリリースされています。

 

また、島津亜矢さんは2017年頃からは演歌を歌わないコンサート「SINGER島津亜矢」として東京オペラシティコンサートホールで行われていますが、演歌歌手としての誇りがあるために言賞は着物というスタイルは崩されていないようです。

 

島津亜矢さんの歌声は現在、ネット上で演歌を聞かない若い世代や音楽ファンの間で、ジャンルや世代を超越したシンガーとして注目されているのは、やはり演歌を封印した「SINGERコンサート」を開催されているからなんだとか・・・

 

けれども、島津亜矢さんは現在も演歌歌手であると言われていて、演歌歌手であると思えるような着物姿を披露されていることでも演歌を封印しているというわけではないようですが、演歌を歌う姿を見る機会が少ないように感じるためにそのイメージが強くなっていると思えます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では島津亜矢さんの

 

島津亜矢の経歴

 

歌怪獣の異名はホント?

 

演歌が歌えないとは?

 

についてもの話題をご紹介しました。

 

島津亜矢さんは歌唱力が高いことが認められていますが演歌でのヒット曲に恵まれていないために演歌歌手というイメージが低くなっているようですが、幅広い活躍の場が広がっているので今後も注目されると思えます。

スポンサードリンク