角田裕毅がホンダでF1デビュー!?経歴や韓国人との噂の真相は?

角田裕毅さん日本のレーシングドライバーとして注目を集められています。

 

この記事では角田裕毅さんについて

 

角田裕毅の経歴

 

直近の日本人F1ドライバーは?

 

韓国人って噂はホント?

 

の話題をご紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

角田裕毅の経歴

 

参照元:https://www.as-web.jp/overseas/599130

 

角田裕毅さんは2000511日に神奈川県相模原市で生まれています。そして2005年、4歳の時にカートをはじめ、2006年には中井インターサーキット キッズクラスに参加されています。

 

そして、2009年には東日本ジュニア エキスパートクラスでシリーズ3位となってからは、JAFジュニアカート選手権で上位に入り、2013年にはJFA地方カート選手権FS125クラス東地方でシリーズチャンピオンとなっています。

 

2016年にはスーパーFJ ドリームカップレース優勝、スーパーFJ 日本一決定戦優勝、2017年には、JFAF4東日本シリーズチャンピオン、JFAF4日本一決定戦優勝、さらにFIA F4日本選手権第2戦 岡山ラウンドでは史上最年少優勝を果たされて注目を集めています。

 

現在は、2019年に日本人2人目となるレッドブル・ジュニアチーム所属のドライバーとなり、2020FIA F2選手権に参戦し、第5戦イギリス・レース2で初勝利をおさめています。

 

 

 

 

 

直近の日本人F1ドライバーは?

 

参照元:https://response.jp/article/2019/09/10/326320.html

 

角田裕毅さんは現在、20歳という若さですが、F2選手権でF1スーパーライセンスポイントを満たせる位置につけているとして、7年ぶりの日本人F1ドライバー誕生に期待がかかっています。

 

角田裕毅さんの直近のF1ドライバーは2014年までF1に参戦されていた小林可夢偉さんで、その後、7年間は日本人選手のF1実践参戦はないんだとか・・・

 

角田裕毅さんはレッドブルの若手育成プログラムに名を連ねていることからF1への注目が高まっていますが、F1参戦に必要な免許証のスーパーライセンス(SL)が取得できる位置につけていると言われても、SLが取得できればF1に参戦できるということではないとも言われています。

 

F1の実践に参戦するためには、F1テスト出走後となるようで、2019年には日本GPで山本尚貴さんが金曜フリー走行1回目への出走で予選~決勝には出ていないとも言われています。

 

角田裕毅さんはいつもレースに出場するたびに別格な奴がいるという印象を周囲に植え付けるほどの活躍で、現在は、F2ですでに2勝挙げていて、5大会10戦を残してランキング3位につけていて、F2でシリーズ3位に入れば、SLは一発合格だと言われているのですが、SL制度は複雑で変転も激しいといわれているので、まだまだ分からないようです。

 

 

 

 

韓国人って噂はホント?

 

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/d5b865aad0ba4897ab0e2b098eed744416addc58

 

角田裕毅さんは噂で韓国人ということが聞かれているようですが、出身地は神奈川県相模原市と言われています。

 

角田裕毅さんは幼稚園がLCAインターナショナルプリスクール、小学校がLCA国際小学校と言われていて幼い頃から英語に親しんでいると言われているので、日本で過ごされていることがわかります。

 

また、高校は日本大学第三高等学校に入学されていると言われていますが、1年後に和光高等学校に転入されて、20194月には日本体育大学スポーツマネージメント学部に入学されていると言われていますが、2019年にヨーロッパに拠点を移してレース活動をされていると言われているので大学に通えているのか?ということはわかりません。

 

角田裕毅さんはこれまで、日本で生まれ、過ごされているようなので、日本人だと思えます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では角田祐毅さんの

 

角田祐毅の経歴

 

直近の日本人F1ドライバーは?

 

韓国人って噂はホント?

 

についての話題をご紹介しました。

 

角田祐毅さんは現在F1ドライバーに一番近い存在であることで注目されていますが、まだ若いので今後の活躍も気になるので見ていきたいと思います。

スポンサードリンク