三浦一光(コスモスベリーズ)の経歴や年収は?wiki風に紹介!

三浦一光さんはコスモスベリーズで会長として活躍されて注目されています。

 

この記事では三浦一光さんについて

 

三浦一光の経歴

 

コスモスベリーズってどんな会社?

 

年収はどの位?

 

の話題をご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

三浦一光の経歴

 

参照元:https://www.reform-online.jp/interview/10034.php

 

1936年に生まれた三浦一光さんは1956年に松下電器産業(現・パナソニック)に入社されて1988年には北海道・四国・名古屋営業所所長を経て、西日本ナショナル電器社長となっています。

 

その後、1991年には松下エレクトロニクス初代社長、1993年には松下電器産業・営業本部副本部長としてダイエーとの取引をスタートしています。

 

1994年にはビデオ事業部長として事業を再建され、1996年にはレコード会社のテイチク社長として、天童よしみさん(珍島物語)、川中美幸さん(二輪草)、大泉逸郎さん(孫)という有名な歌3曲のミリオンセラーで事業再編をされています。

 

1999年にはボランタリーチェーン「豊栄家電」の社長、2005年には山田電機と合弁のコスモス・ベリーズを設立されて代表取締役会長に就任されて、実業家としての活躍が注目されてテレビなどへの出演もされています。

 

2020年現在の三浦一光さんは、2020年に代表取締役会長職を退任して創業者相談役となっています。

 

 

 

 

 

コスモスベリーズってどんな会社?

 

参照元:https://berrys-yaizu.com/

 

コスモスベリーズは1971年に豊栄家電として、家電販売における仕入れを複数の加盟店で共同仕入れして仕入価格を抑え、地域の家電小売店に低い単価で提供する事業をされていたと言われています。

 

その後、競争相手であった量販店のヤマダ電機と提携したことで、仕入れ以外に、配送・設置・修理をはじめられています。また、ソリューションビジネスとしてLED照明・太陽光発電パネルの設置・リフォーム・飲料水販売・畳の張替えなども受けるようになっています。

 

コスモスベリーズは現在では電器店の代わりに商品の仕入れを担う専門の会社として、街の電器店の躍進を陰で支えているとも言われていることで、注目されている会社になる。

 

 

 

 

 

年収はどこ位?

 

参照元:https://www.bcnretail.com/hitoarite/detail/20150226_125122.html

 

コスモスベリーズは資本金が1億円ですが、株主がヤマダ電機で100%出資を受けている会社の為に安定した基盤があることもあって、会社は大きくなっていることで注目されています。

 

そんなコスモスベリーズの会長である三浦一光さんなので年収もかなりあると思えますが、これまでに三浦一光さんの年収の情報がないのでわかりません。

 

しかし、コスモスベリーズの求人情報などを見ると、正社員は2018年には賞与2回で4ヶ月分であったとも言われています。さらに、年収の例もあって、35歳では350万円、38歳では407万円、43歳では545万円とかかれているので、会長の三浦一光さんの年収は1000万円以上だと思えますね。

 

三浦一光さんはコスモスベリーズの会長を最近退任されたのですが、会長として活躍される前から、松下電器産業(現・パナソニック)でも大きな活躍を果たされていようなので、元々、年収が高いと思えますね。

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では三浦一光さんの

 

三浦一光の経歴

 

コスモスベリーズってどんな会社?

 

年収はどの位?

 

についての話題をご紹介しました。

 

三浦一光さんは今後、注目されている社長や会長などが出演されている「カンブリア宮殿」の放送が決まっているので、現在の会社の状況や三浦一光さんについて知らない一面などが見られるのではないかと思えるので、これまでにない情報が聞かれるのではないか?と思えるので注目ですね!

スポンサードリンク