田口一成(ボーダレス・ジャパン社長)の経歴は?過去に炎上した理由とは?

田口一成さんはボーダレス・ジャパン社長として注目を集められています!

 

この記事では田口一成さんについて

 

田口一成の経歴

 

ボーダレス・ジャパンってどんな会社?

 

過去に炎上した?

 

の話題をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

田口一成の経歴

 

参照元:https://ideasforgood.jp/2020/03/14/borderless-japan-ceo/

 

田口一成さんは198012月生まれの3人兄弟の長男と言われています。幼い頃は病弱であったようですが、中学時代は軟式野球部、高校時代はテニス部に入っていいますが、得意なスポーツはサッカーだったんだとか・・・

 

その後、早稲田大学に入学されています。そして、大学2年生の時には、発展途上国で栄養失調に苦しむ子供の映像見て「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意されたことで、大学3年生の時には、IBPビジネス留学プログラムを利用して、アメリカ・シアトルのワシントン大学に留学されています。

 

帰国後、田口一成さんは自分で事業を立ち上げようと、ベンチャーキャピタルなどに出資の依頼などを試みたようですが、断られたことで、ビジネスの厳しさを知り、一旦、就職をされて会社で勉強をされています。

 

そして、25歳の時に「株式会社ボーダレス・ジャパン」の前進となる「有限界ボーダレス・ジャパン」を創設されて、現在は、「株式会社ボーダレス・ジャパン」の代表取締役社長として活躍されて注目を集められています。

 

 

 

 

 

ジャパンってどんな会社?

 

参照元:https://www.shigoto-ryokou.com/article/detail/241

 

ボーダレス・ジャパンは2007年に創業されてわずか13年で35の事業を展開されているといわれています。さらに日本だけではなく、韓国、台湾、バングラディシュ、ミャンマー、ケニアなどの世界12か国でも活動されているとも言われています。

 

ボーダレス・ジャパンという会社は貧困層を作る革製品店「ビジネスレザーファクトリー」を展開されているといわれています。

 

更に、ボーダレス・ジャパンは独立経営のソーシャルベンチャーの集まりだとも言われています。ソーシャルベンチャーとは事業活動を成立させるために収益性を確保されて、社会貢献をするビジネスモデルと言われています。

 

元々、田口一成さんはシェアハウス事業を立ち上げたと言われていますが、その後、ハーブティー事業を助産師監修の元、妊婦や授乳期ママ用のハーブティー開発をされたことで、ネット上で話題になったようです。

 

その後、バングラディシュに革製品の生産工場を立ち上げたことで、会社は大きくなっているようです。

 

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

過去に炎上した?

 

参照元:https://finders.me/articles.php?id=1174

 

田口一成さんは過去に「ガイヤの夜明け」で密着されています。その際に田口一成さんが手がけるボーダレス・ジャパンの仕事内容も放送されていて、その様子がネット上で話題になったことで炎上!ということが聞かれているようです。

 

番組の中で「ボーダレス・ジャパン」で働いている方が、バングラディシュで子供服ブランドを展開されていて、自社工場を作り現地でミシンが使える人を募集するなどしていたようですが、技術が未熟、使える機種が限られるなどして、門前払いをされていたといわれています。

 

その様子が、見ている人達からは、「貧困層を助けたいと言っているけれど、技術を一から教える気はないんだなぁ…」などという批判的な声が多くきかれたことで、炎上しているように思われているようです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では田口一成さんの

 

田口一成の経歴

 

ボーダレス・ジャパンってどんな会社?

 

過去に炎上した?

 

についての話題をご紹介しました。

 

田口一成さんはボーダレス・ジャパンの社長として、テレビにも出演されるほど注目をあつめられています。そんな田口一成さんが今後、どのような仕事で注目を集められるのか?情報に注目していきたいと思います。

スポンサードリンク