鈴木亜美の激辛好き過ぎてヤラセ疑惑?昔の貧乏話が想像以上?

鈴木亜美さんは歌手としての活動が注目されています。

 

この記事では鈴木亜美さんについて

 

鈴木亜美の激辛レベルがヤバい?

 

激辛にヤラセ疑惑?

 

昔は貧乏だった?

 

の話題をご紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

鈴木亜美の激辛レベルがヤバい?

 

参照元:https://avex-management.jp/news/180409_5398

 

鈴木亜美さんバラエティ番組でも最近では活躍される姿が見られていて、最近では芸能界での激辛女王としても注目されています。

 

鈴木亜美さんは2018年には、激辛中華の名店である「陳家私菜」とコラボされて辛さ200倍の「天獄辛」麻婆豆腐をプロデュースされているほどの激辛マニアでもあります。

 

また、鈴木亜美さんは最近では、自身のYouTubeチャネルの中で辛さ9万スコヴィルという「悪魔の爪先キャンディー」に挑まれていますが、涙目になってギブアップされていて、激辛を舐めていたということを謝罪されています。

 

しかし、スコヴィルという辛さのレベルは普通の人にはわからないのですが、スコヴィルとは唐辛子の辛さを計る単位で、ハラペーニョの900倍だと言われているので、普通の人には食べられないレベルと思えます。

 

さらに、鈴木亜美さんは激辛好き御用達店の「赤い壺」で、多くの人が挑戦してい破れたと言われている8辛のハバネロチヂミを平らげ、10辛の激辛チャプチェを辛いと言われながらも美味しいと涼しい顔をされて完食されていることから、本物の激辛好きだと言われています。

 

 

 

 

 

激辛にヤラセ疑惑?

 

参照元:https://raphaelurwiller.com/suzukiami-gekikara/

 

鈴木亜美さんは激辛マニアと知られていることから「有吉ゼミ」の激辛グルメにも出演されている姿が見られています。

 

鈴木亜美さんは「有吉ゼミ」では「マグマ石焼ビビンバ」にコチュジャンだけではなくタバスコ20倍の辛さのデスソースをかけて食べていたと言われています。

 

しかし、その後、鈴木亜美さんが「有吉ゼミ」の激辛グルメに出演されている姿が見られないことから、ヤラセ疑惑が浮上しているようです。

 

「有吉ゼミ」での激辛グルメに出演されている多くの芸能人は、辛いと思えるリアクションが見られて汗が噴き出すほどの辛さだという姿も見られています。そんな中で鈴木亜美さんは涼しい顔をして完食されて以降は、出演されていないためにヤラセだと思われているようです。

 

ただ、これまでに激辛グルメがやらせだという話は聞かれていません。また、鈴木亜美さんは最近では自身のYouTubeチャネルで普段、どのような激辛料理を口にしているのか?という動画を投稿されているために、本当の激辛好きだと思われています。

 

しかし、鈴木亜美さんが「有吉ゼミ」で再度、激辛料理を完食する姿がなんどか見られない限り、ヤラセという話はなくならないように思えます。

 

 

 

 

 

昔は貧乏だった?

 

参照元:https://newspo24.com/10690.html

 

小室哲哉さんのプロデュースで歌手としてデビューされて一躍有名になっている鈴木亜美さんなのですが、貧乏生活をされていたということが番組で告白されています。

 

鈴木亜美さんは「誰だって波瀾万丈」に出演された際に、子供の頃の極貧ぶりを語られています。父親が5度の転職を繰り返していたこともあり、子供の頃は「お風呂のお湯を3日間変えない」「中華定食店で2杯の広東めんを家族5人で分けて食べるというのが月に1度の贅沢」だったと言われています。

 

さらに、親友への誕生日プレゼントは自分が貰ったものを使わないで横流し状態で渡していたとも言われています。

 

また、鈴木亜美さんは「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演された際は、幼少期の主食は水と小麦粉を混ぜて焼き、ケチャップを塗ったものだと言われています。さらに、学校の落とし物の中の鉛筆や消しゴムは自分の物だと嘘をついてもらっていたとも言われています。

 

しかし、鈴木亜美さんは芸能界で人気を集められたことで貧乏生活から抜け出したと思えます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では鈴木亜美さんの

 

鈴木亜美の激辛レベルがヤバい?

 

激辛にヤラセ疑惑?

 

昔は貧乏だった?

 

についての話題をご紹介しました。

 

鈴木亜美は激辛好きとしてタレント活動でも活躍されていますが、最近ではYouTuberとしての活躍も見られているので、さらに激辛好きとして注目されると思えます。

スポンサードリンク